馬、豚のプラセンタ

プラセンタサプリには、馬由来のプラセンタと豚由来のプラセンタがあります。 どっちのプラセンタを選べば良いか迷うところですが、あなたが長く続けられるプラセンタを選ぶのが、最も良い選択です。

トップページ > プラセンタの知識 > 馬、豚プラセンタどっちが良い?

馬、豚などのプラセンタの種類

プラセンタサプリに良く使われるプラセンタは、馬か豚のプラセンタです。 料金的に馬プラセンタの方が、少し高額な傾向がありますが、豚プラセンタでも変らない価格帯のものもあります。

プラセンタサプリを作っている会社が、どちらのプラセンタを選んでいるかで、 馬のプラセンタを使ったサプリなのか、豚のプラセンタを使ったサプリなのか違ってくるのですが、 その選択には物凄いこだわりがあるようです。

馬プラセンタの場合は、アミノ酸の含有量が、豚プラセンタの250倍~300倍。 豚にはないアミノ酸も含まれている。馬の出産は、基本的に1年に1頭だけ。などなど。

豚プラセンタの場合は、アミノ酸の含有量は、馬も豚も変らない。 人間に体重や体の大きさが、馬よりも人間に近い。豚の細胞組織は、人間に近いな。どなど。

そして馬も豚も、原産地(国)には、安全性の面からもこだわっています。 家畜の病気のない国、管理体制の行き届いている国産など、ありがたいぐらいのこだわりです。

そんなわけで、どちらも読めば納得なのですが、その全てを理解するのは、ちょっと難しいく、 馬のプラセンタを飲めば良いのか、豚のプラセンタを飲めば良いのか、迷ってしまいますよね。

なので、馬、豚にこだわらず、プラセンタの含有量、価格、プラセンタ以外に含まれる成分などで選べば良いと思います。

馬のプラセンタの方がメリットありそうだったり、高級感があったりで、なんとなく惹かれたりもするのですが、 実際に人気になっているものは、豚プラセンタだったりしますので、 やっぱり馬、豚のどちらかにこだわる必要はないと思います。

含有量や価格、メーカーが主にしているこだわりなどを見て決めればよいと思います。

ちなみに私は今、馬のプラセンタサプリを愛飲しています。

私の勝手な見解ですが、馬刺しなどでも食べれるくらい、馬は安全なイメージがありますし、 もし、アミノ酸の含有量に違いがあるのであれば、アミノ酸濃度が高いほど、 肌がキレイとも言われていますので、そこもポイントが高かったです。

なんの根拠もない私の考えなので、参考にならないと思いますが、 「こんな考え方もあるよ。」ということで、書いておきました。

あなたが、あなたの肌に若さを取り戻す、プラセンタサプリと出会えますように♪

Copyright © プラセンタでアンチエイジング
ディスクシステム