プラセンタの種類

いろいろと種類のあるプラセンタは、大きく動物性プラセンタと植物性プラセンタにわけることができます。 また、動物性プラセンタにも種類があるので、それぞれのプラセンタの特徴をふまえて、 利用するプラセンタを選ぶことがとても大切になってきます。

トップページ > プラセンタの知識 > プラセンタの種類

動物性プラセンタとその特徴

プラセンタは、動物性プラセンタ、ヒトプラセンタ、植物性プラセンタに分類され、 美容目的で手軽に利用出来るプラセンタといえば、ほとんどの場合動物性プラセンタのことを意味します。

しかし、動物性プラセンタと一言でいっても、その種類はいろいろとあります。 馬プラセンタ・豚プラセンタ・牛プラセンタ・羊プラセンタなどの動物性プラセンタがあり、 それぞれに特徴を持っています。

例えば、牛プラセンタはひと昔前までは良く使われていたプラセンタですが、 狂牛病問題が勃発してからは、安全面の問題から使われることが無くなりました。

現在、動物性プラセンタといえば、ヒトプラセンタを除けば、 馬プラセンタか豚プラセンタが最もポピュラーなプラセンタとして認知されています。 両者を簡単に比較してみると、豚プラセンタに比べて馬プラセンタには、約250倍近いアミノ酸を含んでいるとされています。 一方、細胞的には、豚の方が馬よりも人間に近いといわれています。

羊の胎盤は、人間の胎盤に近いといわれていて、免疫反応がとても起こりにくいといわれていますし、 人間の細胞との相性も良いといわれています。

動物性プラセンタには、植物性プラセンタには存在しない成長因子がしっかりと含まれているので、 ヒトプラセンタと同等の効果が期待できるとされています。

ヒトプラセンタとその特徴

ヒトプラセンタもまた動物性プラセンタに分けることができますが、馬プラセンタや豚プラセンタなど、 その他の動物性プラセンタや植物性プラセンタとは使用する目的が大きく異なります。

馬プラセンタや豚プラセンタなどの使用目的は美肌効果を狙ったものが多く、サプリメントや化粧品という形で購入することが可能ですが、 ヒトプラセンタの使用は医療目的のみに制限されています。 また、ヒトプラセンタは薬事法によって、注射のみの使用に限られています。 つまり、サプリやドリンク、化粧品などでは、ヒトプラセンタは使用できないのです。

ヒトプラセンタの注射には「メルスモン」と「ラエンネック」の2種類があり、メルスモンは更年期障害や乳汁分泌不全の治療、 ラエンネックは肝機能障害の治療で使用され、保険も適用されます。

美容目的で使用する場合にはラエンネックが使用されるケースが多いのですが、医療目的ではないため、 保険は適用されません(健康目的による注射も同様に保険は適用されません)。

ヒトプラセンタの注射による、細菌やウィルスへの感染が心配されますが、厚生労働省が指定した以上の加熱処理をおこなっているため、 メルスモン・ラエンネックともに、安全面は問題ないとされています。

植物性プラセンタ

植物性プラセンタと聞いて、「植物に胎盤なんてあるの?」と思うかもしれませんが、植物には人間でいう胎盤の代わりに、 「種」と呼ばれる部分があり、この種が胎盤と同じような働きをするといわれています。

植物性プラセンタには、動物性プラセンタやヒトプラセンタと同様に、アミノ酸などの栄養素が含まれているのですが、 決定的に違うのが、動物性プラセンタやヒトプラセンタにはある成長因子(グロスファクター)が、 植物性プラセンタには含まれていないということです。

成長因子には、疲労回復やアンチエイジング効果があるといわれていますが、植物性プラセンタでは、 こうした効果は期待することができません。

反面、植物性プラセンタは動物性プラセンタなどよりも飲みやすいといわれているので、 肌の美白や美肌のみを目的としているのであれば、植物性プラセンタでも良いでしょう。 しかし、美肌目的プラス、健康や疲労回復などの目的でもプラセンタを利用したい場合には、 動物性プラセンタやヒトプラセンタを選ン打法が無難だと思います。

そもそも、「胎盤ではない植物の種の部分を、胎盤と同じと考えるのは強引なのでは?」という考えもあるので、 植物プラセンタは、いま多くの人が愛用している馬プラセンタや豚プラセンタとは、 全く違うプラセンタと考えた方が良いかもしれませんね。

Copyright © プラセンタでアンチエイジング
ディスクシステム