豚プラセンタとは?

プラセンタを使用した商品の多くは、豚の胎盤から抽出されたプラセンタを使用して作られる 豚プラセンタの商品です。抽出も比較的簡単なので価格も安く、プラセンタを始めたいと考えている人や、 まずは試しに使用してみたいという方でも安心して使用できるプラセンタです!

トップページ > プラセンタの知識 > 豚プラセンタとは

最もメジャーなプラセンタが豚プラセンタ

馬プラセンタや羊プラセンタなどの動物性プラセンタのなかでも、 豚プラセンタは最もメジャーなプラセンタとして広く知られています。 一般的に販売されているプラセンタ商品の大半は、この豚プラセンタを使用したものです。 市場に広く出回っていることもあり、豚プラセンタに関するメリットやデメリットも知られるようになってきました。

豚プラセンタのメリットは、関連する商品の価格が比較的安いということが挙げられます。 価格が安いということで、質の悪さを気にしてしまいそうですが、一概にそうではありません。 アミノ酸の量など、馬プラセンタや他のプラセンタと比較して劣ると言われている部分もありますが、 馬プラセンタが含むアミノ酸の量が例外的に多いと思えば、それほど少ないわけではありません。

また、豚自身、病気に強い動物であり、他の動物に比べてプラセンタエキスの抽出も簡単ということも、 価格が安い要因となっています。 さらに、細胞が人に一番近いと言われており、医療の場でも使われているほどです。

反面、デメリットを挙げるとすれば、体質や体調によって引き起こされるアレルギー症状などがありますが、 これは他のプラセンタにも同じことがいえます。

プラセンタに関心を持っている方は、これから始めたいと思っている方は、 豚プラセンタからスタートしてみるのも良いと思いますが、 あまり、豚だの、馬だのと気にせずに、気に入ったプラセンタでアンチエイジングを目指せば良いと思います。

注目のSPF豚

市場に多く流通している豚プラセンタの商品には、化粧品やサプリメントをはじめとする健康食品などがあります。 特に日本国内で製造販売されている化粧品や健康食品のほとんどに豚プラセンタが使用されています。 そのなかでも最近になって、特に高い注目を集めているのが、「SPF豚」と呼ばれる豚から抽出されてできるプラセンタです。

SPF豚は、有害な菌や細菌が発生しないように管理・飼育された豚で、他の豚と比較すると、 胎盤の有効成分に大きな違いがあることが分かります。

一般の豚から抽出された胎盤の場合、雑菌処理によって、その有効成分が少なからず壊されてしまうのですが、 SPF豚では、この雑菌処理が少なく済むため、一般の豚と比べて、有効成分を多く残すことができます。 また、一般の豚は、飼育の際にワクチンや抗生物質などを大量に投与されますが、 「無農薬の豚」とも呼ばれるSPF豚は、徹底した衛生管理のもとで飼育されているため、健康そのものです。

SPF豚のプラセンタと一般のプラセンタとでは、効果も数倍違うともいわれています。 豚プラセントを使用する場合には、SPF豚のプラセンタを使用することで、高いプラセンタ効果を得ることが可能です。

ただし、価格も高くなりがちで、豚プラセンタよりも少し高額なイメージがある馬プラセンタと、 同じ様な価格帯かそれ以上の価格であることもあるので、その辺は経済的な面でですがデメリットになると思います。

Copyright © プラセンタでアンチエイジング
ディスクシステム