プラセンタとアンチエイジング

プラセンタはアンチエイジングにとって欠かすことのできない美容成分です。プラセンタに含まれている成長因子の働きにより、高いアンチエイジング効果を得ることができます。

トップページ > プラセンタの知識 > プラセンタとアンチエイジング

何故プラセンタなの?

アンチエイジングにとても効果的な美容成分として、年齢を問わず大人気のプラセンタ商品ですが、何故これほどまでにアンチエイジングに対する効果が高いのでしょうか?

プラセンタには成長因子と呼ばれる成分や必須アミノ酸という成分が含まれているのが大きな特徴で、これらの美容成分の働きによってアンチエイジングに対する高い効果を得ることができるのです。成長因子にはEGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(繊維芽細胞増殖因子)などがありますが、これらの成長因子の働きによってお肌の細胞が活性化され、次々と新しい細胞が作られていきます。

老化の原因にはターンオーバー周期の遅さがよく挙げられます。ターンオーバーとは、簡単にいってしまえばお肌の再生周囲のことです。お肌の再生が遅くなれば、それだけお肌も若々しさを失ってしまうことになってしまうのです。その再生周期を成長因子の働きによって早めることで、お肌を再び若々しくツヤのあるあるものに蘇らすことができるのです。

また、成長因子には新陳代謝の促進効果もあるので、若々しいお肌を作り上げるのに加えて、ダイエットなどの美容的な効果も一緒に得ることができます。アンチエイジングと一緒にダイエットや美肌、美白もおこなえることもプラセンタの大きな魅力です。30歳前後の女性を中心として、幅広い年齢層に支持されているのには、こうした理由もあるからなのです。

成長因子は動物性プラセンタにだけ含まれる

老化予防や防止、お肌の若返りにとても効果的なプラセンタですが、販売されている全てのプラセンタ商品がアンチエイジング効果的なのかといえば、残念ながらそうではありません。プラセンタ商品の中には、プラセンタと名前はつくものの、実際にはアンチエイジング効果の期待できないものや、美肌や美白といった美容効果に多少は期待できるようなものも存在します。

もしも、アンチエイジングを目的としたプラセンタの利用を考えているのであれば、プラセンタ商品の原材料は必ず確認することが重要です。

プラセンタには大きく動物性プラセンタと植物性プラセンタに分類することができますが、アンチエイジング効果には必要不可欠な成分である成長因子が含まれているのは動物性プラセンタだけとなります。

植物性プラセンタには美肌や美白に効果のある美容成分は含まれているものの、アンチエイジング効果に必要な成分はほとんど含まれていません。せっかく購入したプラセンタ商品も、利用目的に適していなければ無意味なものとなってしまうので、プラセンタを選ぶ場合には原材料をしっかりとチェックしましょう。

動物性プラセンタの代表的なものは豚プラセンタと馬プラセンタですが、豚プラセンタであればSPF豚やデンマーク産の豚から抽出されたプラセンタを、馬プラセンタであればサラブレッドから抽出されたプラセンタを含んだプラセンタ商品がいいでしょう。

Copyright © プラセンタでアンチエイジング
ディスクシステム